- お知らせ -
  • 当wikiのプログラムコードの表示を直してみました(ついでに長い行があると全体が下にぶっ飛ぶのも修正)。不具合があればBBSまでご連絡下さい。

vim

はじめに Edit

Vim(GVim)のインストールととりあえずは使えるようにする簡易な設定について。

ここでは主にWindowsでのインストールについて。

Ubuntu Linuxでのインストールは、Ubuntu/基本的なソフトを入れる#e65ed490 を参考にしてみて下さい(といってもaptitudeコマンドうつだけですが)

これ書いている時点でのバージョンはVim 7.2です

Windowsでのインストール Edit

KaoriYa.netさんところで配布されているVimが最初からいろいろスクリプト入り(日本語自動認識等)なので、こちらを使ってみることにします。

↓下記ページのかなり下の方からVimのexeをダウンロードしてきて実行し好きな位置に解凍しておきます(7zipという圧縮実行ファイル形式で配布されていて、実行すると解凍されてファイルが展開されます)。
KaoriYa.net

インストールといってもダウンロードして解凍するだけですね…。

gvim.exeを起動して、vimのウインドウが出たらOKです。

とりあえずの設定 Edit

vimは設定ファイルを書かないとまともに使えないようなエディタかと思いますが、よさげな設定ファイルを配布されている方がいらっしゃいますので、今回はそれを使わせてもらいました。

vim UTF-8日本語版 (fudist)

上記から、vim/gvim utf-8設定ファイル (Windows/Linux) vim72-cfg.zipというのをダウンロードしてきて、解凍します。

そして、上記ページの”既にWindowsでvim/gvimを使用している場合”を参考に、その中のサンプル設定ファイルを以下のようにリネームして、

  • _sample_vimrc → _vimrc(もしくは、.vimrc)
  • _sample_gvimrc → _gvimrc(もしくは、.gvimrc)

vimをインストールしたフォルダ(いわゆる$VIM)にコピーするか、ホームディレクトリを設定している場合(いわゆる$HOME)はそこにコピーしてください。
ホームディレクトリなどわからなければ、前者のvimを入れた場所にコピーよいです。
※すでに以前に設定ファイルを書いたことがある人は上書きに注意!(バックアップしましょう)

これでgvim.exeを起動してみてちゃんと起動するか確認してください。

ちなみにWindowsの多くのエディタやIDE(統合環境)のように全部GUIのダイアログで設定ができると思ったら大間違いだったりします orz ようするにほぼ全部テキストファイルで設定するようです

設定ファイルの少々の変更 Edit

色設定を変えてみる Edit

上記で入れた .gvimrc を適当なテキストエディタで編集します。
(今入れたvimで編集してもいいと思いますが、初めての方は何がなんだかわからんと思いますw)

" カラー設定:
"colorscheme mycolor

" カラー設定:
colorscheme slate

にして、gvimを起動してみると色が黒っぽくなっているはずです。

また、何かファイルをgvimにドラッグ&ドロップして開いた後(例えば.gvimrcでもいい)
メニューの「編集(E)」→「色テーマ選択(O)」を選択してみるとエディタの色が変わると思います。

上記編集したスクリプトの"slate"の部分は、
このメニューの「編集(E)」→「色テーマ選択(O)」で選択した色設定の名前を書くことになります。

好きな色テーマが見つかったら、カラー設定を書き換えてgvimを再起動してみてください。

もし、どれも色が気に入らないなら、こちらのサイトから他の色設定(カラースキーマ)をあさってみるとよいでしょう → カラースキーマの使い方—名無しのvim使い

※ちなみに.vimrcのcolorscheme の欄を編集してもgvimの色はかわらないはずです。弄るのは.gvimrcでなくては駄目です(vimはコマンドライン版もあるため、gvimのようなGUIの設定は別個に.gvimrcの方に書くという決まりのようです)

少しだけWindowsっぽいキー操作設定にする Edit

Ctrl+Sで保存や、Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼付けなど少しだけWindows準拠っぽい操作を実現する設定スクリプトがVimにはついてくるようなので、
それを有効にしてみます。

.vimrcを適当なエディタで開いて、

"mswin.vimを読み込む
"source $VIMRUNTIME/mswin.vim
"behave mswin

↓下記のようにします

"mswin.vimを読み込む
source $VIMRUNTIME/mswin.vim
behave mswin

これでgvimを再起動するとOK。

このスクリプトで有効になる詳細なキー操作は以下を見てもらった方が速いのですが、
mswin.vim : ウィンドウズアプリケーション風キーマッピングを使用できるようにする—名無しのvim使い

…ただ若干、というかかなりWindows具合が足りない気がします。
(例えばCtrl+Tabはウインドウの切り替えじゃなくてバッファの切替じゃないのか?とか、Ctrl+Shift+Tabはないのか?とか、その他いろいろ)
この辺は後々の設定して解消したいと思います。今後の課題です。

[TODO]: vimでWindowsっぽい設定方法を書く

とりあえずの使い方 Edit

ネットには優秀なチュートリアル記事があるのでそういうものを見てもらった方が早いと思います。

参考リンク Edit

Edit


No comment. Comments/vim/インストールからとりあえずの設定まで?

Name:

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2009-12-13 Sun 17:32:12 JST (2838d)