- お知らせ -
  • 当wikiのプログラムコードの表示を直してみました(ついでに長い行があると全体が下にぶっ飛ぶのも修正)。不具合があればBBSまでご連絡下さい。

git

はじめに Edit

git status -v | less

とかしてもカラー表示にならないよママン!!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

解決策 Edit

git configの--global(共通設定)で、alwaysに設定してやればよいです。

> git config --global color.branch always
> git config --global color.diff always
> git config --global color.interactive always
> git config --global color.status always

上手く行きましたか?

ただし、注意があります!

その他のgitをコマンドラインで呼び出す周辺ツールなどは(redmine)、この設定にしておくとまともに使えません。
(redmineのリポジトリに設定した場合、コミットログなどが見れないし、チケットにも反映されない)

ですので、それではよくない、という場合は、

> git config --global color.branch auto
> git config --global color.diff auto
> git config --global color.interactive auto
> git config --global color.status auto

で、元に戻しておきましょう。
…かなりハマりました。

しかし、元に戻すとlessではカラー表示できません…両立する方法はないのかなあ…。

参考リンク Edit


Show recent 10 comments. Go to the comment page.

  • (1)git config --global core.pager 'less -R'
    (2)export LESS=-R
    (3)echo "LESS = -R"> ~/.lesskey && lesskey
    たまたま見つけたので。もう解決してるかしらん。 -- OMATA? 2010-02-10 (Wed) 22:00:55
    • ども、ありがとうございます。



      git diff | lessみたいにパイプしようとしたところを見ると、
      git diffなどのデフォルトのページャがカラー表示できてなかったのかな、と思っていたのですが、
      今見ると、カラー表示出来ていました。(結局パイプはダメですが)


      設定を弄った記憶はなくて、cygwin上では問題ない感じなので、
      cmd.exeでの問題かと思うと(文字化けはありましたが)カラー表示はむしろ問題なく、
      結局なんだったんだ、という感じです。


      git 自体はデフォルトではページャにオプションをいくつか指定してくれるみたいなので、
      これのおかげかとも思っているのですが、.bashrcでもLESSにカラー表示-Rじゃなくて-rが指定されてたので
      どれが結局、カラー表示で気なかった原因かはわからん感じです。


      もしくはカラー表示できなかったのが気に入らなかったのではなく、
      ページ送りを最後までするとmoreのようにページャが終了してしまうのがいやだったのかもしれません。
      (使われているのは日本語対応のlessだと思います) -- TOBY 2010-02-14 (Sun) 14:21:32
Name:

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2010-02-13 Sat 06:52:32 JST (2838d)