- お知らせ -
  • 当wikiのプログラムコードの表示を直してみました(ついでに長い行があると全体が下にぶっ飛ぶのも修正)。不具合があればBBSまでご連絡下さい。

Ubuntu

はじめに Edit

UbunutでのRuby on Railsインストールメモ

Ruby/Ruby on Rails

うーん、今のところ、特段困っている詰まったところはないような…。

Ubuntu 8.04 LTSで動作確認。
あと、9.04でも大体ここの内容+アルファでOK
(方針としては、aptitudeでRubyGemsを入れない) →aptで入れる内容に変えてみました。

インストール Edit

Rubyをインストール Edit

../Ruby を参照してRubyやRubyGemsをインストールする。

ssl周りのライブラリのインストール Edit

sudo aptitude install libopenssl-ruby 

これをやっておかないと、mongrelなどが以下のように言われて動かない場合があります。

in `require_frameworks': no such file to load -- net/https (RuntimeError)

MySQLをインストール Edit

まずは、../mysqlを参考にしてmysqlを入れてみ下さい。

さらに、RubyGemsでmysqlライブラリを入れます。
と、その前にgem install mysqlだけではエラーがでるので、
libmysqlclient-devを入れます。

sudo aptitude install libmysqlclient-dev

そして、

sudo gem install mysql

でOK

参考:

SQLite3をインストール Edit

MySQLじゃなくて、SQLite使う場合はこちら。

sudo aptitude install sqlite3 libsqlite3-dev ruby1.8-dev build-essential -y
sudo gem install sqlite3-ruby

参考URL:諸々インストール - Fly me to the moon...(provisional)
マジ助かりました…。

Ruby on Railsのインストール Edit

sudo gem install rails

mongrelのインストール Edit

script/serverで通常はwebrickが起動しますが、
mongrelをインストールしておくとscript/serverで代わりに起動するようになります。
mongrelはwebrickと比べ高速に動作するため、非常に便利です。

mongrelはnative extention(DLLみたいなの)のようでコンパイルが必要なので、まずは下記を実行してコンパイル環境を整えます。

sudo aptitude install build-essential
sudo aptitude install ruby-dev

※ruby-devで駄目なら、ruby1.8-devにするよろし。

そして、mongrelをRubyGemsで入れます。

sudo gem install mongrel

エラーっぽいのがでなかったらOK。

Passengerをインストールと設定 Edit

開発サーバーではいらんと思うのですが(ruby script/serverでまあいい)、
本番サーバーやテストサーバーでは要ると思われるRails用のサーバーPassengerについて。

2009/12/04時点で本番サーバーの運用には、
apache+passenger,ngix+passengerという組み合わせの感じがベストかなあ。
(仕事の小規模サイトではapache+passengerで普通に動いてます)

詳しくは、Redmineのインストールページをを参考にして下さい。

そのうちこちらにも移したい。


No comment. Comments/Ubuntu/Ruby on Rails?

Name:

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2010-03-15 Mon 20:45:48 JST (3805d)