- お知らせ -
  • 当wikiのプログラムコードの表示を直してみました(ついでに長い行があると全体が下にぶっ飛ぶのも修正)。不具合があればBBSまでご連絡下さい。

上へ

起動する Edit

出来た起動ディスクをインストールするマシンのディスクドライブにぶち込みマシンを起動させます。

いろいろと画面に表示され、以下のように表示された後、入力待ちになります。
インストールが目的なので I を入力し、先に勧めます。

erase ^?, werase ^W, kill ^U, intr ^C, status ~T
(I)nstall, (U)pgrade or (S)hell? I /ENTER/

次にターミナルタイプを聞かれますが、デフォルトでよいので、そのままENTER。

Specify terminal type: [vt220] /ENTER/

以下の質問が出ますが、日本語キーボードを使いたいので、y を入力します。

Do you wish to select a keyboard encoding table? [n] y /ENTER/

今回は、PC-ATタイプなので、そのままENTER。

Select your keyboard type: (P)C-AT/XT, (U)SB or 'done' [P] /ENTER/

日本語キーボードなので、jp を入力。

The available keyboard encoding tables are:

  be de dk es fr it jp lt no pt ru sf sg sv ua uk us

Table name? (or 'done') [us] jp /ENTER/

インストールを続けるので y。

IS YOUR DATA BACKED UP? As with anything that modifies disk contents, this
program can cause SIGNIFICANT data loss.

It is often helpful to have the installation notes handy. For complex disk
configurations, relevant disk hardware manuals and a calculator are useful.

Proceed with install? [n] y /ENTER/

ディスクの設定 Edit

どのディスクにインストールするか聞いてきます。
IDEの1番目なら wd0、2番目なら wd1 となり、SCSIなら、sd0、sd1 となります。
今回は、IDEの1番目に入れるのでデフォルトの wd0 にしました。

Cool!  Let's get to it...

You will now initialize the disk(s) that OpenBSD will use. To enable all
available security features you should configure the disk(s) to allow the
creation of separate filesystems for /, /tmp, /var, /usr, and /home.

Available disks are: wd0.
Which one is the root disk? (or done) [wd0] /ENTER/

ディスク全てをOpenBSDに使うか聞いてきます。今回は全部使うので yes と入力してENTER。

Do you want to use *all* of wd0 for OpenBSD? [no] yes /ENTER/

次はパーティションの切り分けです。
? でヘルプが見られます。

:
Initial label editor (enter '?') for help at any prompt)
> ? /ENTER/
Available commands:
        p [unit]  - print label.
        M         - show entire OpenBSD man page for disklabel.
        e         - edit drive parameters.
        a [part]  - add new partition.
        b         - set OpenBSD disk boundaries.
        c [part]  - change partition size.
        d [part]  - delete partition.
        D         - set label to default.
        g [d|b]   - Use [d]isk or [b]ios geometry.
        m [part]  - modify existing partition.
        n [part]  - set the mount point for a partition.
        r         - recalculate free space.
        u         - undo last change.
        s [path]  - save label to file.
        w         - write label to disk.
        q         - quit and save changes.
        x         - exit without saving changes.
        X         - toggle expert mode.
        z         - zero out partition table.
        ? [cmnd]  - this message or command specific help.
Numeric parameters may use suffixes to indicate units:
        'b' for bytes, 'c' for cylinders, 'k' for kilobytes, 'm' for megabytes,
        'g' for gigabytes or no suffix for sectors (usually 512 bytes).
        Non-sector units will be rounded to the nearest cylinder.
Entering '?' at most prompts will give you (simple) context sensitive help.
>

肝心のディスクの配分ですが、BSD系の伝統っぽい配分にしてあります。
サイズは適当ですが、以前に溢れさせたことがあるので
多めにとってあります。

a/256MB起動や設定に必要なもの
bswap256MB仮想メモリ用
d/tmp512MB一時ファイル置き場
e/var4GBログとかキャッシュとか書き換えの多いもの
f/usr5GBアプリケーション関係。多めにとろう
g/work4GB作業用

cはディスク全体をあらわすので割り当てられません。

swapは、昔はメモリの2倍と言われていましたが、今はメモリが多いのでそれに従う必要はないのではないかと。

各ユーザー用のディレクトリ /home は、後で他のマシンのをnfsでマウントしてくるので今回は、作成しません。

使用目的にもよるので、ディスク配分は他のサイトも参考にして決めた方が良いと思います。

実際の割り当て作業は以下のような感じで……

> d a /ENTER/
> a a /ENTER/
offset: [XX] /ENTER/
suze: [XXXXXXXX] 256M /ENTER/
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [4.2BSD] /ENTER/
mount point: [none] / /ENTER/
> a b /ENTER/
offset: [XXXXXXXX] /ENTER/
size: [XXXXXXXX] 256M /ENTER/
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [swap] /ENTER/
> a d /ENTER/
offset: [XXXXXXXX] /ENTER/
size: [XXXXXXXX] 512M /ENTER/
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [4.2BSD] /ENTER/
mount point: [none] /tmp /ENTER/
> a e /ENTER/
offset: [XXXXXXXX] /ENTER/
size: [XXXXXXXX] 4G /ENTER/
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [4.2BSD] /ENTER/
mount point: [none] /var /ENTER/
> a f /ENTER/
offset: [XXXXXXXX] /ENTER/
size: [XXXXXXXX] 5G
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [4.2BSD] /ENTER/
mount point: [none] /usr /ENTER/
> a g /ENTER/
offset: [XXXXXXXX] /ENTER/
size: [XXXXXXXX] 4G /ENTER/
Rounding to nearest cylinder: XXXXXXXX
FS type: [4.2BSD] /ENTER/
mount point: [none] /work /ENTER/
> p m /ENTER/
:
(各パーティションの内容の表示)
:
> w /ENTER/
> q /ENTER/

マウントポイントの確認をしてくるので、もし間違っていたら修正します。

The root filesystem will be mounted on wd0a.
wd0b will be used for swap space.
Mount point for wd0d (size=XXXXXXXk), none or done? [/tmp] /ENTER/
Mount point for wd0e (size=XXXXXXXk), none or done? [/var] /ENTER/
Mount point for wd0f (size=XXXXXXXk), none or done? [/usr] /ENTER/
Mount point for wd0g (size=XXXXXXXk), none or done? [/work] /ENTER/
Mount point for wd0d (size=XXXXXXXk), none or done? [/tmp] done /ENTER/
Done - no available disks found.

実際にパーティション情報を作るか否かを聞いてきます。もちろん y。

The next step creates a filesystem on each partition, ERASING existing data.
Are you really sure that you're ready to proceed? [n] y /ENTER/

ホスト名の設定 Edit

ホスト名を聞いてくるので、入力します。下の例では、hogehogepooとなっていますが、
任意に変更してください(誰も使わんだろうけど一応念のため)。

Enter system hostname (short form, e.g. 'foo'): hogehogepoo /ENTER/

ネットワークの設定 Edit

ネットワークの設定をするか聞いてくるので、y を。

Configure the network? [y] /ENTER/

ネットワークインターフェースが合っているか聞いてきます。
今回は、PCIのLANカードですが、そのままでよいっぽいのでENTER。

Available interfaces are: rl0.
Which one do you wish to initialize? (or done) [rl0] /ENTER/

そしてホスト名を入力。

Symbolic (host) name? [hogehogepoo] /ENTER/

デフォルトのネットワークインターフェスを変えるか聞いてきます。
今回は、今設定したLANカードをそのまま使うので、変更の必要はありません。
そのままENTER。

The default media for rl0 is
        media: Ethernet autoselect (100baseTX full-duplex)
Do you want to change the default media? [n] /ENTER/

選択したネットワークインターフェス用の設定をします。
まずはIPアドレスを聞いてきます。割り当てるIPアドレス(あらかじめ決めておきます)を入力します。

IP address for rl0 (or 'dhcp')? (IPアドレス) /ENTER/

そして、ネットマスクを入力(あらかじめ調べておきます)。

Netmask? [255.255.255.0] (ネットマスク) /ENTER/

ドメイン名やデフォルトルーター、DNSサーバーのIPアドレス等を聞いてきますので、適切に入力します。

 :
 :
Done - no available interfaces found.
DNS domain name (e.g. 'bar.com'): [my.domain] hogehoge.com /ENTER/
Enter IP address of default route: [none] (ルーターのIPアドレス) /ENTER/
Enter IP address of primary nameserver: [noen] (ネームサーバーのIPアドレス) /ENTER/
Would you like to use the nameserver now? [y] /ENTER/
Do you want to do more, manual, network configuration? [n] /ENTER/

インストールメディアの設定 Edit

新しいrootアカウントのパスワードを聞いてきますので、適切に入力します。

Password for root account (will not echo): (入力しても見えません) /ENTER/
Password (again): (入力しても見えません) /ENTER/

何を使ってインストールするか聞いてきます。
今回は、事前にダウンロードしていたわけでもないので、FTPを使います。

You will now specify the location and names of the install sets you want to
load. You will be able to repeat this step until all of your sets have been
successfully loaded. If you are not sure what sets to install, refer to the
installation notes for details on the contents of each.

Sets can be located on a (m)ounted filesystem; a (c)drom, (d)isk or (t)ape
device; or a (f)tp, (n)fs or (h)ttp server.
Where are the install sets you want to use? (m, c, f, etc.) f /ENTER/

proxy のURLを聞いてきますので、正しく設定します。今回は特になしなのでデフォルトでENTER。

HTTP/FTP proxy URL? (e.g. 'http://proxy:8080', or 'none') [none] /ENTER/

fptサーバーのリストを見るか聞いてくるので、ENTER。

Do you want to see a list of potential ftp servers? [y] /ENTER/

1 ftp://ftp.openbsd.org/pub/OpenBSD            Alberta, Canada
 : 
 (サーバーのリスト)
 :

リストの見方は、上矢印 か j で上スクロール、 下矢印 か k で下スクロール、qで終了。
とりあえず、近そうなところを選びます。今回は、ftp://ftp.jp.openbsd.org/pub/OpenBSD を選んでみました。?を入力するともう一度リストを見られます。

Server IP address, hostname, or list#? ftp.jp.openbsd.org /ENTER/

後は、ftpのパッシブモードの設定(知らなければ、googleで調べてみてください)、
サーバーのディレクトリ、ログイン名を聞いてきますが、普通はデフォルトでよいはずです。

Does the server support passive mode ftp? [y] /ENTER/
Server directory? [pub/OpenBSD/3.2/i386] /ENTER/
Login? [anonymous]

必要なファイル群の選択 Edit

以下のようなリストが出てくるので、必要そうなものを選びます。
ファイル名を入れると追加され、ファイル名とその先頭にマイナスをつけると、削除されます。

今回は、必要のないgame32.tgzとXWindow関係は入れませんでした。

The following sets are available. Enter a filename, 'all' to select
all the sets, or 'done'. You may de-select a set by prepending a '-'
to its name.

        [X] base32.tgz
        [X] etc32.tgz
        [X] misc32.tgz
        [X] comp32.tgz
        [X] man32.tgz
        [X] game32.tgz
        [ ] xbase32.tgz
        [ ] xshare32.tgz
        [ ] xfont32.tgz
        [ ] xserv32.tgz
        [X] bsd

File Name? (or 'done') [xbase32.tgz] -game32.tgz /ENTER/
 :
File Name? (or 'done') [game32.tgz] done /ENTER/

インストールの確認をしてきますので、よければENTER。

Ready to install sets? [y] /ENTER/

ダウンロード中の表示がされます。

Getting base32.tgz ...
Trying XXXX:XXX:XX:XX::X...
Trying XXX:XXX:XXX:XXX...
100% |**************************************************| 23869 KB    01:22
 :
 :

最後の設定 Edit

ダウンロードが終わったら、さらにファイルがいるか聞いてきます。
特に要らないので、そのままENTER。

Extract more sets? [n] /ENTER/

XWindowを動かしたいか聞いてきますが、必要ないので n で。

Do you expect to run the X Window System? [y]n /ENTER/

タイムゾーンの設定をします。?でリストを出せます。

Saving configuration files......done.
Generating initial host.random file ......done.
What timezone are you in? ('?' for list) [US/Pacific] ? /ENTER/
Africa/      Chile/       GB-Eire      Israel       NZ-CHAT      Turkey
America/     Cuba         GMT          Jamaica      Navajo       UCT
 :
 :

ここは日本なので、JapanでGO。

What timezone are you in? ('?' for list) [US/Pacific] Japan /ENTER/

無事に設定が終わったらプロンプトが出ますので、rebootします。

CONGRATULATIONS! Your OpenBSD install has been successfully completed!
To boot the new system, enter halt at the command prompt. Once the
system has halted, reset the machine and boot from the disk.
# reboot

さて、無事リブート出来ることを確認したら、設定作業が待っています。
詳しくは、manのafterbootを見てください。




Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2004-12-15 Wed 06:16:17 JST (5474d)