- お知らせ -
  • 当wikiのプログラムコードの表示を直してみました(ついでに長い行があると全体が下にぶっ飛ぶのも修正)。不具合があればBBSまでご連絡下さい。

メニュー Edit

メモ Edit

Fixed Fractional Edit

固定の枚数に対して、
固定比率で枚数を増減して、トレードする方法。

¥∞ - ラリー・ウィリアムズの短期売買法
にもFixed Fractionalの話が、書いてある。

以下、引用。

資金に対し一定の比率で賭けていく手法のことを fixed fractional と言うらしく、これは 「固定比率」 と訳されるようである。要するに、資金100万円のとき1枚買うなら、200万円なら2枚、1000万円あるなら10枚買うということである。 

ケリーの公式とか、オプティマルf、また、189ページあたりにあるラリー・ウィリアムズの手法は、すべてこの固定比率である。それぞれの手法の違いは、ただ、比率をどう決めるかの違いに過ぎない。 

「ラリーウィリアムズの短期売買法」より Edit

デイトレ実践講座! NHモンスター:資金管理 - livedoor Blog(ブログ)
より、引用

それでは、具体的に最適な投下資金を決める方法をご紹介します。ラリー・ウィルアムズは、次の式で取引量を決めます。(出典:ラリー・ウィリアムズの短期売買法)
取引量=(口座残高*リスク%)/最大損失

例えば口座残高が3000万円として、1トレードで許容できるリスクを10%とします。この場合は、10%のリスクを取ると300万円ということになります。
次に、最大損失ですが、これは過去に1トレードあたりで最大に負けたトレード額を意味します。仮にこの数字を80万円としましょう。

すると、許容リスク/1トレードが300万円。そして、1トレードで負ける可能性がある最大値が80万円となります。式で表すと次のようになります。
取引量=(3000万*10%)/80万=3.7
よって、上記の例ですと3枚〜4枚が妥当な取引量ということになります。

ちなみに、リスクについて次のように述べています。「用心深いなら残高の5%、通常であれば10〜12%、大胆なら15〜18%、さらに大胆なトレーダーなら20%かそれ以上」
取引量=(口座残高*リスク%)/最大損失

とのことですが、これってオプティマルfで取引量決めるのと全く同じ式ですよん('A`)
結局のところ、取りうるリスク=fなので……。

オプティマルf自身、
ラリーウィリアムズ使用したマネーマネジメントと言われているのですが、
そういうことか。

オプティマルfをそのものを使用していないとしても、ドローダウンではなく、最大損失額で考えるという考え方は一緒です。

オプティマルfというのは、その考えの上で、f(つまりリスク)の最適値を出すことに他ならないわけですが……。

さらに、上記サイトにあるのですが、

ちなみにオプティマルFという資金管理法がありますが、ラリーはこれを否定する表現を使っています。また、トレード仲間の間でも投下量が多すぎるという意見が大数を占めています。

というのは、当たっていまして、オプティマルfは常人から見ると、結構リスクがでかくて、取引量がでかくなります。というか、fがでかくなると、ドローダウンがくそでかくなります。

これは、固定比率ベースでは、f%がそのまま資金に対するドローダウン量なので、fがでかくなるとドローダウンがでかくなるわけです。
じゃなくて、固定比率ベースでは、最悪一発で喰らうドローダウンがf%になったことがあることを示します。(最大ドローダウンではなく、一回の損益でのドローダウン)
「f=リスク」というのは、まさにそういうことです。

で、オプティマルfでは、ドローダウンから回復できるのですが、
fがそれより大きくなると、今度はドローダウンからなかなか回復できなくなります。
(というようなことは、オプティマルfのところに書くべきだ、うん。)

詳しくは、./オプティマルfで。

「ラリー・ウィリアムズの投資で儲ける法」より Edit

鉄 株 掲 示 板によると、

カブ放浪記の最新徒然を読みました。

http://kabu-horoki.hp.infoseek.co.jp/

なるほどと思うところが沢山ありました。
資金管理は生き残るために非常に重要であると思います。ラリー・ウィリアムズは「投資で儲ける法」
において、次のような表現も行っています。

 1枚取引を行うために用意すべき資金 = 最大ドローダウン×1.5倍 + 1枚当たり必要証拠金
  
この1枚取引を行うために用意すべき資金を総資金の約10%にすればリスクは格段と低くできます。
                                                 鉄太郎
1枚取引を行うために用意すべき資金=最大ドローダウン*1.5+1枚当たり必要証拠金

だそうで、固定比率ベースですな。

2chの某スレ Edit

【順張り】シストレ・売買ストラテジー【逆張り】 2
http://live19.2ch.net/test/read.cgi/stock/1159688296/314

314 山師さん [sage] 2006/10/21(土) 15:35:12.64 ID:/zUqhHwW
そんな原始的な方法語られてもね
Volatility Adjusted あるいはFixed Fractionalかつ
ポートフォリオリスクをからめてポジションサイズ決めないか普通
証拠金でポジションサイズ考えたこと無いぞ
そもそも不足証拠金を気にしなきゃならないほど建てないだろ
ギャンブラーじゃあるまいし

Fixed Fractionalは、固定比率のことだろう。

Volatility Adjusted は?たぶん、ATR(Average True Range)などを用いたボラティリティによるポジションサイジングのこと?かなあ?

証拠金は考慮しないの?だって、追証怖い。

タートルシステム Edit

http://www3.cncm.ne.jp/~masatink/new02%20TurtleTrade.html

Position Sizing

Turtlesは ボラティリティを基本とした 一定%のリスクの数量アルゴリズムを使用していた。

Position Sizingは トレードシステムで最も重要であるが 十分に理解されていない要素である。

Turtlesは その日によって変化するPosition Size アルゴリズムを使用した。なぜなら、

マーケットのボラティリティに基づくPosition Sizeを調整することによって それぞれ

のマーケットの日々のドルベースのボラティリティを同じように考えた。


このボラティリティの調整は大変重要である。なぜなら、違うマーケットの違ったトレード

に同じような損益の機会をあたえる。このことが、多くのマーケットにおける

Diversification(分散投資)をより有効にする。

たとえ あるマーケットのボラティリティが低くても、ある程度のTrend(トレンド)があれば より多くのContracts(枚数)のために 結果として他のマーケットと同じような損益になる。



Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2007-06-29 Fri 01:38:26 JST (3795d)