製品概要

■スコアでなくタイムを競うSTG

”タイムアタックシューティング”と銘を打った本作品では、 シューティング本来の『狙い撃つ』要素に忠実に、 その上でタイムアタックを可能にしました。

ノルマ制を採用し、いかに短時間で敵を撃破できたかを競います。

図1 図2

■任意で早回しができるアクセルボタン

タイムアタックの肝となっているのが、 ”敵全体の動きを加速させる”アクセルボタン。

例えば”落ちモノ”のパズルゲームの様に、 余裕があれば次の敵を引き出し、 間をおかず連続撃破を狙えます。

図3 図4

■パターンを読み解く楽しさ

本作品は単純に爽快感を味わうものではなく、 敵のパターンを解読し、 攻略する面白さになによりこだわって調整をしています。

最短ルートを構築し、それを再現する感覚は、例えるなら、コンマ数秒を争うレーシングゲームに似ています。

図5